マッシュルームは英語ではどのような発音をするのでしょうか?

名前からして、カタカナなのでマッシュルームとそのまま呼ぶのではないでしょうか。

今回は、マッシュルームの呼び方と、その意味について調べてみました。

マッシュルームを英語でいうとどんなスペル?

マッシュルーム 英語 意味

マッシュルームは英語でいうと「mushrooms」と言うスペルになります。

やはり、発音はカタカナと同じようです。

マッシュルームの意味はキノコのことを言うの?

マッシュルームは英語で、「mushrooms」で「キノコ」が本来の意味として言われています。

日本では海外から入ってきた栽培キノコの事を「マッシュルーム」と言っていましたが、のちにアメリカから入ってきたキノコの事を「マッシュルーム」と呼ぶようになりました。

マッシュルームは通常ではカサが開くものを収穫しているのですが、最近ではスーパーマーケットにおいてカサが開いた「ジャンボマッシュルーム」を見かけることもあります。

マッシュルームは海外では生で食べることが主流になっていて、サラダにして食べることで歯触りを楽しむほか、日本ではビーフシチューやハヤシライス、ハンバーグのソースなどに一緒に混ぜて使われることが多いです。

マッシュルームには、「ホワイト、クリーム、ブラウン」の3種類あり、「ホワイト、ブラウン」が一般的に市場に出回っています。

栄養素も豊富で、ビタミンB2と食物繊維も豊富に含まれています。

スポンサードリンク

まとめ

マッシュルームは英語では同じ発音をし、「キノコ」と言う意味を持っています。

アメリカから入ってきた栽培キノコの事をマッシュルームと呼ばれていて、ビタミンB2や食物繊維も豊富に含まれています。

食べ方も、日本と海外では若干主流の食べ方が変わってきますが、火を通して食べても、生で食べても、どちらも美味しく食べることが出来ます。

マッシュルームには「ホワイト、クリーム、ブラウン」の3種類あり、ホワイト、ブラウンの2種類が一般的に市場に出回っています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事