なめこのまわりには、独特のぬめりが存在しますね。

このぬめりには多くの栄養素が含まれているので、できるだけ残したまま調理するのが望ましいと言えます。

なので今回は、なめこの風味や栄養素をなるべく損なわないようにする方法を紹介していきたいと思います。

なめこの下ごしらえ

なめこ 茹で時間 保存

なめこはお手軽に入手出来てミネラル、エネルギー源、スタミナ増強と様々の方面の栄養素を含んでいます。

この栄養はぬめりに多く含まれています。

しかしぬめりは水につけてこすってしまうとあっという間に落ちてしまいますので、注意しなければなりません。

なめこを水洗いするときは表面についた汚れを落とす程度にしておきましょう。

あまり強くこする必要はありません。

また、調理の際には加熱をすることが必要なようです。

なめこは雑菌なども多いので、基本的には火を通さないと衛生的とは言えないようです。

茹で時間の目安としては沸騰したお湯で30秒ほど、袋に入れて電子レンジなら30秒ほどでよいそうです。

スポンサードリンク

保存方法について

なめこなどは真空パックでないと案外持ちません。

なめこは通常のキノコよりも多くの水分を含み、乳酸菌が繁殖しやすいため劣化が早いようです。

乳酸菌と一口に言ってもヨーグルトに含まれている良質なものから、食物に過剰な酸味を与える悪質なものもあるそうです。

なめこに繁殖するのは後者の方で、風味の悪化を招いてしまうようなので、使わない時はなるべく冷蔵庫に置きましょう。

真空パックで保存すれば、冷蔵庫でも1週間程度は保存することが可能なようです。

冷凍保存を真空パックで行えば1ヶ月近く持たせることもできると言われています。

また、冷凍保存は風味をそこまで損なうといったことはないようです。

解凍させるときは、自然解凍か流水で解凍するとおいしく食べることができるようです。

まとめ

なめこは美容やダイエットにも非常に効果的だそうです。

正しく調理して、いつでもおいしく楽しく栄養が摂取出来たらいいですよね。

これからもっとなめこに関する理解が進んで、新しいレシピが出てくると思うと楽しみですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事