えのきは長く冷蔵庫に入れていると腐ります。

意外に保存期間が短い食材です。

保存の目安と腐ったときの見分け方をご紹介します。

えのき 腐る 見分け方 どうなる 目安

えのきが腐るまで

えのきは常温保管が向きません

スーパーではじゃがいもや玉ねぎと同じ常温にて販売していますが、実は冷蔵庫で保管しても賞味期限は3日が目安といったところです。

「買ってきたらすぐにできるかぎり早く食べる」食材です。

ビニールパックに入って販売されているえのきですが、保管中も呼吸をしています。

そうするとビニール袋の中の水分量がだんだん上がり、内側に水滴が付きはじめます。

えのきは水に弱く、自ら出した水分を吸収して劣化が始まります。

また、水分が雑菌の繁殖につながり、表面のぬめりや腐敗につながっていきます。

えのきが腐るとどうなるの?

えのきがこんな状態になったら食べられません。

・酸っぱい臭いなど異臭がする

・ぬめりがする

・茶色に変色している。

・えのきをつぶすと水分が滴ってくる

・すぐに頭がとれる

こうなる前に早めに食べてしまいましょう。

すぐに頭が取れるような場合、「軸はまだまだ大丈夫」という意見もあります。

頭のとれたえのきの軸を食べるときは自らの責任において食べてください。

えのきが腐るのを防ぐ保存方法

えのきの大敵は水分です。

買ってきたら、袋から出して、新聞紙やキッチンペーパーにくるみビニール袋に入れましょう。

そうすることで、ビニールパック内の水分にえのきが触れるのを防ぎ、腐りにくくなります。

ただし、この方法でも保存できるのは1週間といったところです。

えのきの保存方法を長くする方法は2つ、干すと冷凍です。

この2つの方法をとると賞味期限がぐんと伸びます。

干した場合は長くて半年近く、冷凍は1か月です。

スポンサードリンク

えのきの干し方

えのきを干すときには、えのきから石づきを切り落としてほぐし、ザルなどに入れて6時間ほど風通しのいいところで干します。

水分がよく抜けないときにはフライパンで乾煎りします。

水分が抜けたら、タッパーなど密封容器に乾燥材を入れて保存です。

えのきの冷凍方法

石づきを切り離してバラバラにほぐしたえのきをタッパーかビニール袋に入れて冷凍庫に入れてしまいます。

冷凍したえのきは、冷凍のままで使いたい量だけタッパーから取り出して使ってください。

解凍してから使うという手間はいりません。

まとめ

えのきが腐る原因はえのき自身が袋の中で出す水分です。

保存の目安は買ってきた状態であれば3日が目安。

袋から取り出して新聞紙でくるんでも1週間が目安と考えましょう。

腐ると臭いや変色があるのですぐにわかります。

すぐに食べきれない時は、干すか冷凍して保存しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事