えのきには便秘を解消してくれるすごい力があるんです。消化が悪いからといって体に悪いことばかりではなく、むしろ驚きの効果がたくさんあります。えのきの魅力について調べてみました。

えのき 消化されない 悪い 便

食物繊維が豊富

えのきにはキャベツのおよそ2倍の食物繊維があることはご存知だったでしょうか?食物繊維は2つの種類の食物繊維があって、えのきに含まれているのは不溶性食物繊維といいます。この不溶性食物繊維には水に溶けにくく消化がされにくい性質があります。だからこそ便秘にとてもいいんです。不溶性食物繊維が腸まで到達し刺激をしてくれます。刺激された腸が蠕動運動を起こし、スムーズな排泄を促してくれる効果があるんですね。お通じに悩む方には最適な食材ですのですすんで食べてほしいと思います。

グアニル酸豊富で美肌作り

えのきにはグアニル酸という成分が含まれていてこれが体内にある肌荒れの原因となる悪い毒素を排出してくれる効果があるので、美肌を目指す女子には強い味方です。体内の毒素は溜まれば溜まるほど老化の原因と言われる活性酸素が増えてしまうため、しわやしみの原因とも言えます。血液ドロドロも解消できるのでたくさん食べて美肌美人を目指したいですね。

スポンサードリンク

エノキタケリノール酸の効果

ダイエットのときには必ず重要な脂肪を燃焼させるということを、えのきに含まれているエノキタケリノール酸が行ってくれます。エノキタケリノール酸は体の中に入ると、運動をするときに放出されるアドレナリン受容体を活発にさせて、脂肪分解酵素に強い力で働きかけてくれます。食べながらにして運動をしているという効果を発揮することには驚きです。ダイエットにはえのきは手放したくない食材ですね。

まとめ

えのきは消化に悪いからこそ、体の中でさまざまに良い効果を発揮してくれます。近年ではサプリメントに頼る傾向にある時代になりましたけど、身近にある食べ物の中にたくさんの良い栄養素が含まれているので自然な形で取り入れる努力を忘れてはいけないなとつくづく思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事