シチューやソースなど、洋風料理には欠かせないキノコと言えばマッシュルームが代表的。

独特な触感や風味が人気です。

しかし、マッシュルームはとても繊細なキノコで、傷つきやすく保存期間も短いです。

保存をするときも、適当に保存をすると新鮮さを失ってしまう恐れがあるので、注意しなければいけません。

マッシュルームの変色を防ぐためには、どのように保存をするといいのでしょうか?

マッシュルームの変色を防ぐためにはレモン汁は欠かせない

マッシュルーム 加熱 変色 防ぐ方法

マッシュルームはとてもデリケートなキノコです。

スライスをした切り口からはすぐに変色が始まっています。

変色を抑えるためには、レモン汁を使うと効果を発揮すると言われています。

レモン汁には多くのビタミンCが含まれています。

ビタミンCには酸化による変色を抑える働きがあり、リンゴの変色を押さえるのにもおススメだとされています。

スポンサードリンク

マッシュルームの保存方法

マッシュルームを保存するときは、レモン汁をかけてから保存することで変色を防ぐことが出来、加熱をしてから保存することによって風味を損なわないように保存することが出来るそうです。

マッシュルームの保存方法は、常温で保存するよりも、冷蔵保存か冷凍保存をするのがおススメです。

常温保存の場合は、マッシュルームの旬である秋から冬の涼しい時期には多少は長持ちすると言われていますが、出来るなら早めに食べるようにした方がいいですね。

冷蔵保存をした場合は1週間位、冷凍保存をした場合は1ヶ月位保存が効く様です。

まとめ

マッシュルームの変色を防ぐには、レモン汁が効果的です。

ビタミンCの効果によって変色を防ぐことが出来、マッシュルーム以外にもリンゴの変色を防ぐこともできます。

保存期間は冷凍保存でも1ヶ月保存することが出来ますが、出来るならなるべく早いうちに食べるようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事