なめこと言えば秋の味覚の代表格的な印象を受ける食品ですね。

最近は技術が進歩し、店頭に並んでいる多くのなめこが菌床という原木とは違ったところから栽培されたなめこだそうです。

今回は、なめこの収穫に関する内容を書いていきたいと思います。

なめこの価格について

なめこ 収穫 時期

天然のなめこは9月~11月にかけて収穫がピークに達しますので、安く購入できるのは10月、11月となります。

菌床などで栽培されたなめこは通年して栽培されるので、旬といったものはないのですが、安く購入できる季節は夏場になる傾向があるようです。

通常なら秋、その他は夏場がお買い得といったところですかね。

家庭でのなめこの収穫方法

なめこの栽培は案外簡単で、道具がそろえば家庭でも気軽に栽培できます。

スーパーなどでも栽培キットが購入でき、大きさは500mlのペットボトルより少し大きいくらいです。

湿度を高くし、菌床をきちんと整えてあげれば7~10日ほどで収穫できるそうです。

案外収穫までにかかる時間は短いと言えそうですね。

収穫の方法は2種類あるらしく、株のまま収穫する方法と石突と呼ばれる根元の部分を切り落とす方法です。

この容器の大きさでうまく取れれば200gほど収穫できるそうです。

興味がある方は試してみるのも面白いかもしれません。

スポンサードリンク

天然のなめこの収穫方法

原木から栽培されるなめこは、収穫まで通常2年かかるそうです。

2年目の夏を過ぎたあたりで、順調に育っていれば気温が18℃を下回るころくらいになめこが確認できるそうです。

なめこは振動に弱いため原木から収穫するときは、ゆっくりと静かに取らなければいけないということですね。

収穫に適した形状は傘の直径が3~5cm程度になったくらいが良いそうです。

この状態ですと歯ごたえもよく、味もうまみがしっかり出てきておいしいそうです。

一度収穫ができれば3~6年は食べることができるそうです。

まとめ

なめこはご飯にかけたり、みそ汁に入れたりと私たちの食生活に広く浸透しているのが見かけられますね。

市販されているものでも簡単に栽培できたり、規模が大きくなければ原木から栽培もできたりと、自家製なめこも決して手の届かないものではないと言える時代になってきたということですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事