マッシュルームは、海外ではサラダとして生で食べることが主流な様で、火を通したものとは違う食感を楽しむことが出来ます。

しかし、キノコを食べて食中毒を起こすとどんな症状になるのでしょうか?

マッシュルームを食べて腹痛になるのは食中毒が原因なのでしょうか?

キノコを食べて食中毒になると引き起こす症状について

マッシュルーム 生 食中毒 腹痛

キノコが原因で引き起こす食中毒には、その種類によって様々な症状を引き起こします。

消化器系の障害は、キノコが原因の食中毒の症状の中で半数以上もの割合を占めています。

食べてから早くて30分後には腹痛や下痢、嘔吐を引き起こします。

マッシュルームを食べて腹痛を起こす人は、食中毒が原因だとも考えられるのです。

生で食べることが出来るマッシュルームの条件

マッシュルームは生で食べることが出来ますが、どのマッシュルームでも生で食べれるというわけではありません。

マッシュルームはすごくデリケートな食べ物で痛みやすいので、収穫後3~4日以内の新鮮なものに限り生食で食べるようにします。

スーパーで販売されているマッシュルームは、収穫されてから日にちが経っているものもあるので、見た目や固さで判断するのもいいでしょう。

マッシュルームの傘の裏もポイントです。

マッシュルームは成長すると傘の裏側が茶色になります。

カサの裏側が白っぽいものを選ぶようにすると良いでしょう。

弾力があり、硬いマッシュルームは、新鮮なマッシュルームを選ぶ上での基準になります。

スポンサードリンク

まとめ

マッシュルームは海外では生で食べていますが、どのマッシュルームでも生で食べることが出来るわけではありません。

収穫してから日にちがたっているものを生で食べた場合には、食中毒を引き起こしてしまう恐れもあります。

食中毒を引き起こすと腹痛や下痢、嘔吐などを引き起こしてしまうので、気を付けなければいけません。

マッシュルームを生で食べる場合には、傘が白っぽく、硬くて弾力のあるものを選ぶようにするのがおススメです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事