普段の料理で食べている、なめこの味噌汁。

きのこ好きの方にとっては、おいしくて楽しみな料理の一つですね。

そのなめこの味噌汁には、体に大切な栄養素や驚くような効能があると言われております。

なめこの成分

 

なめこ 味噌汁 効能

成分と効能を見ていきましょう。

コンドロイチン

関節・軟骨・などに水分を与えて弾力性を付ける働きをするのはみなさんご存じですね。

粘膜・皮膚にも潤いを与えてくれるので、美容には効果に期待ができます。

トレハロース

トレハロースは、糖質の一種です。

きのこ類に多く含まれます。

保湿力を持っているので肌の乾燥を防ぎます。

腸内環境を整えたり、臭みを消したり野菜や果物の鮮度を保ったりという効能があると言われております。

スポンサードリンク

βグルカン

キノコ類に多く含まれます。

免疫細胞の活性化や免疫力を高める働きがあります。

アレルギーや生活習慣病などの予防、治療効果が期待できます。

ナイアシン

中性脂肪やコレステロールの代謝を促進します。

アルコールが分解されて現れるホルムアルデヒドを無毒化する働きがあるので、二日酔いに効果が期待できます。

そして嬉しいのはローカロリーであること。

きのこですから当たり前なのですが、これだけ効能があってしかもローカロリーだとすると、ダイエットに持ってこいですね。

なめこにはミネラルも豊富で、骨粗鬆症やむくみを改善、予防も期待できると言われております。

気を付けたいのは、なめこは消化が悪いこと。

ですので、大根おろしなどの消化酵素を持つ野菜と一緒に調理したり、一度に大量に食べたりしないように気を付けましょう。

まとめ

なめこ一つにこんなに効能があるとは思いませんでした。

きのこは『まごわやさしい』という食物を良くとるといいと言われる中にありますが、単に野菜の一種だからと思っていました。

『まごわやさしい』とは

 豆

 ゴマ

 わかめ→海藻です。

 野菜

 魚

 しいたけ→きのこ類です。

 いも

の7種類をまんべんなく食べると体に良いと言われています。

豆やゴマもたくさんの効能があるんでしょうね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事